産経ニュース

神経回路、鮮明に見えた 脳観察の試薬開発、理研

ライフ ライフ

記事詳細

更新


神経回路、鮮明に見えた 脳観察の試薬開発、理研

 マウスの脳など生き物の組織を透明にし、深い部分の神経回路や細胞の微細構造を顕微鏡で鮮明に観察できる試薬を理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)や金沢大のチームが開発し、10日付米科学誌電子版に発表した。

 脳神経の構造異常が関係する精神疾患の原因解明などに役立つという。

 顕微鏡で見る標本は板状ガラスやオイルが使われるが、生体組織と内部を通る光の進み方が違うため、標本深部は画像がぼやける。

 チームは、造影剤に用いられ、光の進み方がガラス、オイルと同じ化合物が主原料の試薬を開発。生体組織を浸すと細胞や組織の水分が試薬に置き換わり、光の進み方が同じになって透明化し、内部の構造が鮮明に見える仕組みだ。

 マウスの脳を、解像度の高い光学顕微鏡で観察すると、一般的な試薬では10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)より深いところはぼやけたが、100マイクロメートル以上の深さでもよく見え、神経回路を鮮明に捉えられた。

「ライフ」のランキング