産経ニュース

【保育園落ちたブログ】待機児童解消は無理? 偽装離婚、密告、近隣住民の反対運動…“保活”を取り巻く現状は厳しい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【保育園落ちたブログ】
待機児童解消は無理? 偽装離婚、密告、近隣住民の反対運動…“保活”を取り巻く現状は厳しい

報道陣の質問に答える、匿名ブログで話題となっている「保育園落ちた日本死ね」に賛同し集まった署名を提出するために集まった親子ら=9日、東京・永田町の衆院第2議員会館(寺河内美奈撮影) 報道陣の質問に答える、匿名ブログで話題となっている「保育園落ちた日本死ね」に賛同し集まった署名を提出するために集まった親子ら=9日、東京・永田町の衆院第2議員会館(寺河内美奈撮影)

 「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログを発端に、保育所増設を求める動きが活発化している。9日には保育所を探す“保活”中の母親らが、インターネットで集めた2万7682人分の署名を塩崎恭久厚生労働相に提出。政府は平成29年度末までに50万人分の保育の受け皿を整備する方針だが、現場からは「今後も待機児童はなくならない」とのあきらめの声も上がっている。

 塩崎厚労相に署名を届けた東京都渋谷区の女性会社員(31)は、育休を延長して1歳2カ月の長男を預ける保育所を探したが、区内では全滅。夫と別居して実家のある千葉県松戸市の保育所に子供を預け、1時間半かけて職場に通う予定だ。5カ月の子供がいる東京都中央区の女性(35)は約20カ所に申し込んだが認可保育所には入れず、認可外保育所に預けて空きを待つという。

 今回ネット署名を始めた40代女性は、保活に苦労したことのある元経験者。十年以上も前から問題となっていた「待機児童」問題が解決しないことに業を煮やし、「匿名でない、実名の声を届けたかった」と署名集めを始めた動機を語る。

このニュースの写真

  • 待機児童解消は無理? 偽装離婚、密告、近隣住民の反対運動…“保活”を取り巻く現状は厳しい

「ライフ」のランキング