産経ニュース

家のカギ子供にどう持たせる? 「置き鍵」はもってのほか…常に身につけしっかり管理

ライフ ライフ

記事詳細

更新


家のカギ子供にどう持たせる? 「置き鍵」はもってのほか…常に身につけしっかり管理

「子どもの危険回避研究所」が主催した研究会で、鍵の安全な開け方を練習する小学生ら (同研究所提供) 「子どもの危険回避研究所」が主催した研究会で、鍵の安全な開け方を練習する小学生ら (同研究所提供)

 ただ、子供だけでの留守番はとてもリスクが高い。横矢さんは「なるべくそうならない方法を考えてほしい」と話す。

 ◆人に見せない

 子供の事件事故に関する情報や防犯に関する情報を発信している、警備会社セコム(東京都渋谷区)IS研究所の舟生岳夫さんは、子供に鍵の意味をよく教えてほしいという。「まずは、鍵がどれだけ大切なものかを伝えてほしい。鍵をなくしてしまったら、空き巣や強盗侵入のきっかけを与えてしまうかもしれないわけですから」と話す。

 鍵を持たされた子供は、つい友達に見せびらかしたりしがちだが、「それは1人で留守番をしていることを宣伝しているようなものです」。鍵を持たせたときには「誰にも鍵を見せたらいけないよ」と言い聞かせることも必要だ。

 また鍵の保管について、舟生さんは、キーチェーンなどをつけズボンのベルト通しなど衣服につないで、ポケットにしまう方法を推奨する。洋服のポケットにそのまま入れてしまうと落としやすく、特に上着のポケットに入れると脱いだときに忘れがちだ。また、ペンダントのように首からぶら下げる方法は、遊具などにひっかかって首が絞まるリスクもあるので避けるべきだという。

「ライフ」のランキング