産経ニュース

紙おむつ異食、認知症女性死亡 遺族と和解、東京都が解決金支払いへ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


紙おむつ異食、認知症女性死亡 遺族と和解、東京都が解決金支払いへ

 東京都立病院で認知症の女性=当時(76)=が紙おむつを口にして死亡したのは病院の責任だとして、長女が都に約2900万円の損害賠償を求めた訴訟は、東京地裁(矢尾和子裁判長)で和解が成立した。都が責任を認めて解決金を支払うなどの内容。和解は2月17日付。

 訴えによると、女性はアルツハイマー型認知症で平成19年から世田谷区の病院に入院。度々紙おむつを口にし、22年3月に気道が詰まって低酸素脳症となり、27年1月に死亡した。

 8日に記者会見した長女は「適切なケアがあれば母は穏やかに人生を歩めたはずだ。医療機関は改善に努めてほしい」と訴えた。都は「患者の個人情報に関わるのでコメントできない」とした。

「ライフ」のランキング