産経ニュース

子供の安全、どう守る 入学前に通学路の確認を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供の安全、どう守る 入学前に通学路の確認を

女児向けや男児向けなど、デザインが豊富になった防犯ブザー。春休みの時期に最も売れるという=東京都豊島区の池袋ロフト 女児向けや男児向けなど、デザインが豊富になった防犯ブザー。春休みの時期に最も売れるという=東京都豊島区の池袋ロフト

鍵は見せない

 共働き家庭が増え、1人で留守番する子供も多い。インターホンにカメラを付けたり、着信相手の番号が電話機に表示されるサービスを利用したりすると、子供も「家族以外の来客や電話には応対しない」というルールを守りやすくなる。

 また、鍵を持ち歩く場合は「見せないこと」、室内には「素早く入ること」が鉄則だ。

 ■ブザーなど対策グッズ人気

 入学シーズンを前に、雑貨店やホームセンターには、防犯ブザーや携帯型LEDライトなど防犯対策グッズがそろう。

 生活雑貨を扱う池袋ロフト(東京都豊島区)では、キーホルダータイプの防犯ブザーを中心に、1000円前後の手軽な値段のものをそろえている。子供だけで留守番をするケースが増えたため、ドアや窓の振動を察知して警報を鳴らすグッズや、窓枠の鍵を二重にするグッズが売れている。

このニュースの写真

  • 子供の安全、どう守る 入学前に通学路の確認を

「ライフ」のランキング