産経ニュース

子供の安全、どう守る 入学前に通学路の確認を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供の安全、どう守る 入学前に通学路の確認を

女児向けや男児向けなど、デザインが豊富になった防犯ブザー。春休みの時期に最も売れるという=東京都豊島区の池袋ロフト 女児向けや男児向けなど、デザインが豊富になった防犯ブザー。春休みの時期に最も売れるという=東京都豊島区の池袋ロフト

 4月は入学シーズン。小学校入学前の子供を中心に、親子で考えておきたいのが犯罪や交通事故から身を守る安全対策だ。小学生になると、登下校時など保護者の目が届かない機会が増える。子供を狙った犯罪や事故に巻き込まれないよう、まずは子供自身に危機意識を持たせることが重要だ。(中井なつみ)

危険を見つける

 「まずは通学路を一緒に歩いてみてほしい」。こう話すのは警備会社、セコム(東京都渋谷区)で子供の防犯対策を研究している舟生岳夫さんだ。

 舟生さんによると「通学路だから安全」と油断してしまう親も多いというが、夕方以降は人通りが少なかったり、街灯がなく暗かったりする場所もある。また、大通りでも狭い路地に引き込まれてしまう危険もあり、「『危ないかもしれない』という視点でチェックして」と話す。

このニュースの写真

  • 子供の安全、どう守る 入学前に通学路の確認を

「ライフ」のランキング