産経ニュース

【ローカル局だより】「ごじゃっぺ」って? ラジオつくば 飛び交う茨城弁で県の魅力紹介

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ローカル局だより】
「ごじゃっぺ」って? ラジオつくば 飛び交う茨城弁で県の魅力紹介

番組を収録中の青木智也さん(右端)=茨城県つくば市(海老原由紀撮影) 番組を収録中の青木智也さん(右端)=茨城県つくば市(海老原由紀撮影)

 茨城県つくば市のとあるスタジオ。番組の収録中に茨城弁が飛び交うと、その場にたちまち笑いが起こる。パーソナリティーの男性が「あまり口を開けなくていいんで、茨城弁はエコな言葉なんです」とにこやかに話す。

 スタジオで収録していた番組は、つくば市で平成20年10月に開局したコミュニティFM放送局「ラヂオつくば」で、毎週土曜の午後10時から放送中の「イバラキングのごじゃっぺラジオZ」。ラヂオつくば開局の約1カ月後に30分枠でスタートし、現在は放送時間を1時間に拡大している。パーソナリティーを務めるのは、茨城県常総市在住の青木智也さん(43)だ。

 青木さんは「茨城王(イバラキング)」の名で執筆や講演などを行い、さらに「イバラッパー」の名で音楽活動も展開している。

このニュースの写真

  • 「ごじゃっぺ」って? ラジオつくば 飛び交う茨城弁で県の魅力紹介
  • 「ごじゃっぺ」って? ラジオつくば 飛び交う茨城弁で県の魅力紹介
  • 「ごじゃっぺ」って? ラジオつくば 飛び交う茨城弁で県の魅力紹介

「ライフ」のランキング