産経ニュース

【ワインのこころ】分身の意味をもつ「アルテ・エゴ」 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
分身の意味をもつ「アルテ・エゴ」 青木冨美子

「アルテ」を手にヒュー・グラント似のドメーヌ・カズのゼネラル・マネージャー、リオネル・ラヴァイユさん=2016年2月24日(青木冨美子さん撮影) 「アルテ」を手にヒュー・グラント似のドメーヌ・カズのゼネラル・マネージャー、リオネル・ラヴァイユさん=2016年2月24日(青木冨美子さん撮影)

 フランス最大のビオディナミ実践ワイナリーといえば『ドメーヌ・カズ』、220ヘクタールの自社畑を所有しています。

 スペインと国境を接するルーション地方にあり、2000~3000メートル級の山々と地中海に挟まれたワイン産地で、豊富な日照量、低降水量、乾燥した風が特長です。

 私とドメーヌ・カズとの出会いは10年前。全畑でオーガニック(有機)とビオディナミの正式な認証を得た直後でした。

 ビオディナミというのは天体の動きなど自然界のリズムを考慮して行われる究極の有機農法で、化学肥料や殺虫剤は無使用。何より、健康な土壌が要になります。その当時から気に入っていたワインが『アルテ』と『エゴ』です。これは、ラテン語の『アルテ・エゴ(“分身”の意味)』に由来しています。

「ライフ」のランキング