産経ニュース

【健康カフェ(24)】甲状腺の病気が「脂質異常」の原因となることも 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ(24)】
甲状腺の病気が「脂質異常」の原因となることも 

 半年ぐらい前、70代半ばの女性患者さんが、脂質異常症ということで別の診療科から紹介されてきました。脂質異常症は、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪が一定の基準より多い状態のことです。とくに悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが高いと動脈硬化になるリスクが高く、治療の対象となることがあります。

 血液データを見ると、LDLコレステロールが1デシリットル当たり200ミリグラム。治療が必要なレベルで、薬による治療を始めたそうですが、数値があまり下がらないということでした。

 小柄な方で、ご自身から体の不調を訴えることもありません。ただ、話し方がやや緩慢で舌がもつれるような印象を受けました。これについて尋ねると、「入れ歯が合わないためです」とおっしゃいます。この症状が気になって、血液検査で甲状腺ホルモンについて調べたところ、ホルモン値が著しく低く、甲状腺機能低下症と呼べる状態であることが分かりました。

 甲状腺は首の前部、喉ぼとけより下の位置にあり、主に元気になるようなホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンの分泌が減ると、手足や顔のむくみ▽体重増加▽ろれつが回らない▽抑鬱感▽LDLコレステロールや中性脂肪が高い-といった症状が出ることがあります。

「ライフ」のランキング