産経ニュース

【知ってる?!】コエンザイムQ10(3)ストレスによる慢性疲労にも改善効果

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知ってる?!】
コエンザイムQ10(3)ストレスによる慢性疲労にも改善効果

 還元型コエンザイムQ10の効果はアンチエイジング(抗加齢)やインフルエンザ予防にとどまらない。最新の臨床研究データからは、ストレスを感じがちな社会生活に伴う疾病を改善させることが明らかになってきた。

 その一つが慢性疲労の軽減だ。カネカは大阪市立大学医学研究科の疲労研究チームと共同で実験を行った。原因不明の疲労や倦怠(けんたい)感が続く患者31人を2グループに分け、17人に1日150ミリグラムの還元型のカプセル剤を、14人には有効成分を含まない錠剤(プラセボ)をそれぞれ3カ月間飲んでもらった。結果、還元型を飲んだグループはプラセボのグループに比較して血中濃度が上昇。計算課題の正答率が高まり、睡眠中の覚醒回数も有意に減少したことが認められた。

 鬱血性心不全や高血圧、糖尿病、パーキンソン病、唾液分泌量が減少するドライマウスにも効果を期待できるという。また、鬱病患者は、コエンザイムQ10が欠乏する傾向にあることも分かってきた。

 さらに、血液中のコレステロールなどが多くなる脂質異常症を改善するスタチン系医薬品を服用する際には注意が必要。コレステロール値を抑えるだけでなく、同時に体内のコエンザイムQ10の量も減らしてしまうからだ。服用薬に応じてサプリメントなどを使い、コエンザイムQ10を補う必要がある。(取材協力 カネカ)

「ライフ」のランキング