産経ニュース

犬ぞりが雪原を疾走 北海道・稚内で国内最大規模レース

ライフ ライフ

記事詳細

更新


犬ぞりが雪原を疾走 北海道・稚内で国内最大規模レース

 国内最大規模の犬ぞりレース「ジャパンカップ全国犬ぞり稚内大会」が27日、北海道稚内市で開幕した。道内のほか岩手県や群馬県などから79チームが参加。氷点下の中、犬たちが雪原で白熱のレースを繰り広げた。

 スタートの号令で犬たちは勢いよく飛び出し、乗り手も犬と息を合わせてそりをこぐ。3キロや5キロのコースを回ってゴールするころには、犬も乗り手もへとへとの様子で観客から拍手が送られた。

 3頭引きレースで優勝した宮城県大崎市の自営業、佐藤宏悦さん(60)は「この大会を目標に調子を合わせてきている。出走前の雪でそりが重くなったが、無難に走れた」と満足そうだった。

 大会は映画「南極物語」のモデルにもなった樺太犬のタロとジロが稚内市で訓練を受けていたことにちなみ始まり、今年で33回目。6頭がそりを引くレースや最大180キロの重りをつけるレースなど、28日まで8種類9レースが行われる。

「ライフ」のランキング