産経ニュース

【書評】『写真ノ説明』荒木経惟著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『写真ノ説明』荒木経惟著

『写真ノ説明』荒木経惟著(光文社新書・1040円+税) 『写真ノ説明』荒木経惟著(光文社新書・1040円+税)

 〈作家は作品の説明をしないのがフツーなんだろうけど、アタシの場合はあえて説明する。アタシにとって写真は人生そのものだから〉〈日々刻々と、呼吸するように、心臓が鼓動を続けるように写真撮ってんだから〉。「死」と「再生」、写真と「嘘」、顔と男、「楽園」と「地獄」…といった章立てで、過去のよく知られたものから最新のものまで、数々の作品をながめつつ、サービス精神満点のアラーキー節が楽しめる。とくに近作の多様性と跳躍力が印象的だ。挑戦的で力強い。〈ますます絶好調なんだよ、ホントに〉という言葉にも納得。(光文社新書・1040円+税)

「ライフ」のランキング