産経ニュース

重力波を初検出か 米チーム、12日に観測結果発表

ライフ ライフ

記事詳細

更新


重力波を初検出か 米チーム、12日に観測結果発表

 宇宙から届くとされる謎の「重力波」を米国の研究チームが初めて検出した可能性があることが9日、分かった。日本時間12日未明に会見し、観測結果を発表する。「世紀の大発見」となるのか注目される。

 チームはカリフォルニア工科大、マサチューセッツ工科大などが参加。一辺の長さが4キロに及ぶL字形の検出装置「LIGO」(ライゴ)で観測した昨年9月以降のデータを公表する。

 重力波は重い天体同士が合体するなどした際、その重力によって生じた空間のゆがみが、さざ波のように遠くまで伝わる現象。アインシュタインが1916年に一般相対性理論でその存在を予言したが、直接検出されたことはない。

 関係者によると、米チームは太陽と比べ質量が36倍と29倍のブラックホール同士が合体した際に生じた重力波を、99・9999%の極めて高い信頼度で検出したとする報告書案を作成した。内容は変更される可能性がある。

 検出に成功すれば、新たな天文学の誕生や初期宇宙の解明に道を開く画期的な成果となり、ノーベル賞の受賞は確実視される。日本でも東大宇宙線研究所などが検出を目指している。

「ライフ」のランキング