産経ニュース

【科学】知床沖で新種のエビ発見 「ラウスツノナガモエビ」小学生が名称

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
知床沖で新種のエビ発見 「ラウスツノナガモエビ」小学生が名称

「ラウスツノナガモエビ」(水族館「アクアマリンふくしま」提供) 「ラウスツノナガモエビ」(水族館「アクアマリンふくしま」提供)

 北海道羅臼町の知床半島沖で新種のエビを発見したとする論文を、水族館「アクアマリンふくしま」(福島県いわき市)などの研究チームがまとめた。ヒゲのように見える頭部のツノが長いことから「ラウスツノナガモエビ」と命名した。

 チームは2014年9月、水深500~800メートルの根室海峡で漁師が引き揚げた籠の中から、見慣れないエビを発見。詳しく調べたところ、寒冷な深海にすむイバラモエビ属の新種と分かった。名前は地元の小学生が考案した。

 足や腹の鮮やかな紅白模様が特徴。ツノの先から尾までの長さは10~15センチで、この大きさのエビで新種が見つかるのは珍しいという。味は良いが商品価値がないため、これまで海に捨てられていた。同水族館は捕獲した数匹を飼育し、生態を調べている。

 世界自然遺産の知床沖にある根室海峡は、北方領土に近いなどの理由で調査が難しく、生態系はよく分かっていない。同水族館の松崎浩二主任は「採取した卵を孵化(ふか)させて形態の変化などを研究し、知床の海に貴重な生物がいることを伝えたい」と話す。

「ライフ」のランキング