産経ニュース

【知ってる?!】コエンザイムQ10(1)効果の違いが大きい「還元型」と「酸化型」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知ってる?!】
コエンザイムQ10(1)効果の違いが大きい「還元型」と「酸化型」

 私たち人間の体は60兆個もの細胞で組織されている。その中にあるミトコンドリアは、生命活動に不可欠なアデノシン三リン酸(ATP)をはじめ、生きるのに必要な元気の源をつくる「エネルギー工場」だ。コエンザイムQ10は、ミトコンドリアでのATPの生成に欠かせない成分で、「酸化型」と「還元型」の2種類がある。

 以前から医薬品やサプリメントなどに使われているのが、空気に触れる状態で製造される酸化型。これに対し、自然界に存在するのはほとんどが還元型だ。体内で自然につくられ、全身の臓器に存在している。効果が早く、より強く表れる特徴があり、エネルギー不足の高齢者や病人にも効率的に作用する。

 酸化型は体内に取り込んだ後も、いったん還元型に変換されないと効果は薄い。加齢や疾患などにより変換力が低下し、個人の体質によっても効果の温度差が大きい。

「ライフ」のランキング