産経ニュース

【手帖】有島武郎の再評価へ文学館が認知度調査を実施

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【手帖】
有島武郎の再評価へ文学館が認知度調査を実施

有島武郎(有島記念館提供) 有島武郎(有島記念館提供)

 小説「生れ出づる悩み」「或る女」などで知られる白樺派の作家、有島武郎(1878~1923)。50代以上なら教科書で読んだという人も多いが、若い世代からは忘れ去られつつある。

 有島の個人文学館である北海道ニセコ町の有島記念館などが昨年11月、インターネット調査会社のモニター会員約1000人を対象に、全国的な認知度調査を行った。その結果、有島を知っている人は35.4%。60歳以上では、知っている割合が知らない割合を上回っているが、50歳代後半では拮抗(きっこう)。45歳未満では7割以上が知らないと回答。作品を読んだことがあるのは13.1%だった。

 有島記念館の伊藤大介主任学芸員は、「来館者と接していると、観光ついでに寄っただけという方が多く、認知度は2割程度かと思っていたので、意外に高いという印象」と話す。文化施設が顕彰作家の認知度調査を行うことは全国的にも珍しいが、「個人記念館の職員は、『知られている』という前提で仕事をしがちだが、施設運営を考える上で重要な材料」という。

「ライフ」のランキング