産経ニュース

【両陛下ご訪比】「今回が最後とは言えなくなった」…両陛下、終わりなき旅 30日ご帰国

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【両陛下ご訪比】
「今回が最後とは言えなくなった」…両陛下、終わりなき旅 30日ご帰国

比島戦没者の碑に供花される天皇、皇后両陛下=29日午前11時56分、フィリピン・ラグナ州(代表撮影) 比島戦没者の碑に供花される天皇、皇后両陛下=29日午前11時56分、フィリピン・ラグナ州(代表撮影)

 【カリラヤ=大島真生】平成17年のサイパン、昨年のパラオ共和国に続いて先の大戦最大の激戦地フィリピンでの邦人戦没者のご慰霊が29日、実現した。天皇、皇后両陛下は今回の「慰霊の旅」で、戦禍を繰り返さないという変わらぬ強い意思を示された。深く深く拝礼される両陛下の後ろ姿に、日本から駆け付けた遺族が目頭を熱くしていたのが印象的だった。

 両陛下のご慰霊の旅の原点は、ひめゆりの塔事件などと呼ばれる火炎瓶事件だといわれる。ひめゆりの塔は、第二次世界大戦末期の沖縄戦で、看護隊として動員されて戦死した沖縄師範女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒・職員を合祀(ごうし)する慰霊碑。昭和50年7月17日、沖縄国際海洋博覧会開会式に出席するため沖縄を訪問した皇太子夫妻時代の両陛下が、このひめゆりの塔を参拝された際、過激派2人に火炎瓶を投げつけられたのだ。

 しかし、両陛下はその後も沖縄での日程をこなし、沖縄の人たちが日本人、米国人、軍人、民間人の区別なく、戦没者を弔った「魂魄(こんぱく)の塔」に花束を手向けられた。沖縄訪問前、陛下は「石ぐらい投げられてもいい」と述べており、不測の事態が起こることも覚悟した上でのご訪問だったとされる。ここで改めて、二度と戦争という過ちを起こしてはならないという思いを強くした両陛下は、即位後、本格的な慰霊の旅をスタートされた。

「ライフ」のランキング