産経ニュース

【妊婦の悩み】職場での「妊娠報告」はタイミングが難しくて… 「周りに迷惑かかる」「どう言えば」-

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【妊婦の悩み】
職場での「妊娠報告」はタイミングが難しくて… 「周りに迷惑かかる」「どう言えば」-

上司への報告や同僚との関係など、妊娠後の職場関係に悩む女性は多い(写真はイメージ) 上司への報告や同僚との関係など、妊娠後の職場関係に悩む女性は多い(写真はイメージ)

 働く女性にとって、妊娠したときに気をもむのが職場に報告するタイミング。情報を適切に伝えておかないと、職場の理解を得られず、妊娠中の悩みが増えることにつながりかねない。産前だけでなく、産後の育児休業や職場復帰をスムーズに乗り切るため、妊婦が心がけたい人間関係作りのポイントとは…。(中井なつみ)

迷惑かけると不安

 「職場には、なかなか妊娠を言い出せないんです」。神奈川県海老名市の看護師の女性(32)は、2週間前に妊娠初期であることが判明した。職場は、ぎりぎりの人数で早朝や宿直の勤務シフトを回していることから、「周囲に迷惑がかかるのでは」と、病院で胎児の心拍が確認されてからも、職場には妊娠報告ができていないままだという。

 こうしたケースに対し、「直属の上司にはなるべく早く報告するのがいいと思いますよ」とアドバイスするのは、「自分らしいキャリアも幸せも手に入れる! 『働くママ』の仕事術」(かんき出版)の著者で、女性のキャリア支援プログラムを提供する金沢悦子さんだ。

 妊娠報告は、一般的に流産の可能性が低くなるとされる安定期(妊娠16週頃)以降にしたいと考える人も多いというが、金沢さんは「心拍が確認できた段階で相談した方がいい」と話す。妊娠初期(6~8週ごろ)からつわりに悩む女性も多く、ひどい場合は職場に行けないことも。何も報告しない状態で休みが続くと、上司が不信感を募らせてしまうことがある。

「ライフ」のランキング