産経ニュース

ぼうこうがん、全国4工場で6人 厚労省「関連性は低い」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ぼうこうがん、全国4工場で6人 厚労省「関連性は低い」

 福井県内の染料工場で従業員ら5人が相次いでぼうこうがんを発症した問題で、厚生労働省は22日、がん発症との関連が疑われる化学物質「オルト-トルイジン」を扱う全国の4工場で、従業員ら6人がぼうこうがんを発症していたと公表した。ただ、オルト-トルイジンにさらされる機会が少なかったり、製造過程に従事していなかったりする従業員が多く、厚労省は「業務と発症の関連性は低い」とみている。

 厚労省によると、ぼうこうがんを発症したのは、原料としては使っていないが製造過程でオルト-トルイジンが出る製品の製造作業に従事していた2工場の従業員と元従業員、過去にオルト-トルイジンを扱っていた工場の元従業員、同じく過去にオルト-トルイジンを扱っていた工場の従業員と元従業員2人の計6人。

 4工場のうち1工場では3人が発症したが、いずれもオルト-トルイジンを扱う作業には従事していなかったという。厚労省は、工場名を公表していない。

 一連の問題を受け、労災病院などを運営する労働者健康福祉機構は25日から、労働者や家族の健康相談に応じる専用電話フリーダイヤル0120・519187(平日午後1~5時)を開設する。

「ライフ」のランキング