産経ニュース

今度は「人為災害」で人類滅亡? ホーキング博士「惑星移住で備えを」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


今度は「人為災害」で人類滅亡? ホーキング博士「惑星移住で備えを」

AI、エイリアンによる人類滅亡論に続いて、今度は人為的な大災害による危機を訴えるホーキング博士(右)=2015年12月16日、ロンドン(ロイター) AI、エイリアンによる人類滅亡論に続いて、今度は人為的な大災害による危機を訴えるホーキング博士(右)=2015年12月16日、ロンドン(ロイター)

 車いすの天才宇宙物理学者で知られる英国のスティーブン・ホーキング博士(74)が19日、ラジオ番組で、これから1000年後~1万年後、地球上に人為的大災害が起こるとして、人類滅亡を回避するため、「他の惑星にコロニー(入植地)を築いて急いで移住する必要があると語り、物議を醸している。博士はこれまでにもAI(人工知能)やエイリアン(地球外生命体)が人類を滅ぼすといった警告で世界を騒然とさせており、欧米では、博士の過去の発言と合わせて“地球滅亡論”がにわかに盛り上がり始めている。

一万年後まで確実に

 「われわれはいま、核兵器や地球温暖化、遺伝子操作されたウイルスといった数々の脅威に直面しており、これらが招く人為的な災害が1000年~1万年後に起きることはほぼ確実だ…」

 ホーキング博士は19日、英BBC放送主催の毎年恒例のラジオ講義「リース・レクチャー」でこんな衝撃的な発言をした。

 さらに博士は「脅威は科学技術の進歩が作り出したものだが、科学技術の進歩は止められないため、われわれはこうした脅威や科学技術の持つ危険性を認識しつつ、管理下に置かなければならない」と明言した。

「ライフ」のランキング