産経ニュース

【ワインのこころ】2016年の動きに注目したい日本とチリ 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
2016年の動きに注目したい日本とチリ 青木冨美子

日本ワインの市場規模(2014年)=2016年1月20日現在、※国税庁果実酒製造業の概況(2014年度調査分)より 日本ワインの市場規模(2014年)=2016年1月20日現在、※国税庁果実酒製造業の概況(2014年度調査分)より

 大手ワインメーカーのメルシャンは13日に開かれた事業方針説明会で、ワイン市場における消費数量(輸入ワイン+国内製造ワイン)は2009年から15年まで7年連続して拡大しており、15年はメルシャンの見込み推計で、過去最高の約38万キロリットルと発表しました。

 メルシャンが実施した「どの国で生産されたワインを飲みたいですか?」という飲用意向調査で、トップだったのが「日本」。複数回答ですが、80.5%を占め、以下イタリア、フランス、スペイン、チリの順。

 日本のワイン市場規模は、国内製造ワインが全体の30%で、うち国産ぶどうだけを原料にして国内で製造された“日本ワイン”は約162万ケース(720ミリリットル×12本換算)、約4%のシェアです=(出典:国税庁発表課税数量に基づくメルシャン推計)。

 メルシャンはフラッグシップブランドの日本ワイン『シャトー・メルシャン』に注力し、今年は甲州を中心にした白ワインの販売(目標は20%増)を強化しています。

「ライフ」のランキング