産経ニュース

【健康カフェ】(18)ダイエット 継続できる方法選んで

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(18)ダイエット 継続できる方法選んで

 5年ほど前から日本でも人気となっている「糖質制限ダイエット」。「低炭水化物ダイエット」とも呼ばれますが、これは三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質のうち、炭水化物に含まれる糖質の摂取を控えることで痩せるというものです。ご飯や麺類など糖質を制限するだけで、肉や野菜はいくら食べてもいいという単純さからか、私の周りでも試してみたという人が結構いました。しかし、半年もすると「ラーメンが食べられないのはつらい」「やっぱりご飯が食べたい」などと言ってやめてしまい、結局「思ったほど痩せられなかった」という人が多いようです。

 一方、長い間、ダイエットといえば、脂質を制限する方法が主流でした。肉やフライなど脂質の摂取が多い米国で40年以上前に始まり推奨されてきたダイエット法ですが、米国では肥満が減らず、逆に増えているという現実があります。

 この2つのダイエット法のどちらが効果が高いかを比べた研究がいろいろあります。これまでの結果をみると、ダイエットを開始して半年後では糖質制限の方が体重減少効果は大きいのですが、1年もするとともにリバウンドしてしまい、あまり差がないという結果です。

 また、この2つのダイエット法とは別に、「地中海式ダイエット」という方法もあります。これは、地中海沿岸の伝統的な食事法のことで、オリーブオイルや魚介類、旬の野菜、穀類を摂取して、肉や菓子は控えるというものです。魚や野菜を多く食べるということで、日本食との共通点も多い食事といえます。

 イスラエルで、40~65歳の男女322人を3グループに分け、1グループにつき「糖質制限」「脂質制限」「地中海式」のいずれかのダイエット法を試してもらい、開始から6年後の体重の減少を比較した研究があります。最も体重減少効果があったのは地中海式で3・6キロ減。一方、糖質制限は1・7キロ、脂質制限は0・6キロの減少にとどまりました。結果から、地中海式が最も効果があるといえそうです。

 ただ、これらの研究が示しているのは、ダイエットは継続が大事ということです。テレビなどで芸能人が自身のダイエット法を紹介していることがありますが、その芸能人にとっていい方法が、あなたにも合うとは限りません。ダイエットを考えている方は、自分にとってベストの方法を見極めた上で始めた方が長続きすると思いますよ。(北原ライフサポートクリニック内科医 下島和弥)

「ライフ」のランキング