産経ニュース

あえて「白髪」でおしゃれ楽しむ 染めないシニアの選択 生き方も前向きに

ライフ ライフ

記事詳細

更新


あえて「白髪」でおしゃれ楽しむ 染めないシニアの選択 生き方も前向きに

白髪の女性4人によるチーム「ソルトンセサミ」。左から加藤タキさん、小室知子さん、中尾ミエさん、飯野晴子さん

 ◆こくのある色を

 白髪だからこそ似合うファッションもある。35歳頃から前髪の白髪がトレードマークだったファッションアドバイザー、佐藤恵子さん(69)は「黒髪では似合わなかった服が似合うようになるので、変化を楽しんでほしい」と話す。

 佐藤さんによると、白髪の人は、こくのある青やオレンジなどくせのある色をポイントに取り入れると、おしゃれな印象になる。こうした色は、黒髪だとちぐはぐな印象になりがちで難しいのだという。一方で、黒髪ならすっきりと見えるグレーの服は、白髪には地味になりすぎてしまうことがあり、注意が必要だ。

 アクセサリーのおすすめはパールのイヤリング。上質な白い素材を持ってくることで、顔写りが良くなり好印象になる。白い服も白髪と相性が良く、品良く清楚(せいそ)な感じに仕上がるという。

                   

 ■「ゴマ塩ヘアは勲章」 チーム・ソルトンセサミ

 中尾ミエさんら白髪の女性4人が結成したチーム「ソルトンセサミ」では、チーム名のゴマ塩ヘアについて「一生懸命生きて、愛して、それぞれの分野で働いてきた私たちの勲章であり、これからも胸を張って生きる証し」としている。

 他のメンバーは、コーディネーターの加藤タキさん、元イッセイミヤケ副社長の小室知子さん、PRプロデューサーの飯野晴子さん。「身の丈にあったボランティア活動を」と平成20年9月以降、不定期にチャリティーイベントなども行っている。

「ライフ」のランキング