産経ニュース

【聞きたい。】青山ゆみこさん 『人生最後のご馳走』 希望もたらすホスピスの食事

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
青山ゆみこさん 『人生最後のご馳走』 希望もたらすホスピスの食事

青山ゆみこさん

 明日は食べられないかもしれない-。余命わずかと宣告された末期がん患者14人がリクエストした食事と、彼らを支える人たちのルポルタージュを著した。ある人は「亡き夫に作ってあげられなかったポタージュスープ」、またある人は「家族で囲んだすき焼き」。食を通して患者らの人生を描く。

 大阪にある「淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院」。ここでは週に1度、患者からリクエストされた食事を一人一人に提供している。

 食事について語る患者らは、楽しかった思い出がよみがえるのか、生き生きとしていた、という。家族に聞くと、それまで全く食事を受け付けなかったのが、このホスピスに転院して「食欲も出て、元気になった」と口をそろえた。

 リクエスト食に限らず、食事にこだわり、盛りつけや器にも気を配る。「刺し身は細かく包丁を入れる」「お好み焼きの豚肉はミンチに、下ゆでしたキャベツは細かく刻む」…。料亭やホテルで腕をふるった料理人が、それぞれの状態に合わせて調理する。

このニュースの写真

  • 青山ゆみこさん 『人生最後のご馳走』 希望もたらすホスピスの食事

「ライフ」のランキング