産経ニュース

【書評】法政大学名誉教授・川成洋が読む『トルコ軍艦エルトゥールル号の海難』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
法政大学名誉教授・川成洋が読む『トルコ軍艦エルトゥールル号の海難』

オメル・エルトゥール著、山本雅男、植月惠一郎、久保陽子訳(彩流社・2200円+税)

日本・トルコ親交の原点

 1890(明治23)年9月、本州最南端の和歌山県串本町沖で、惨憺(さんたん)たる海難事件が起こった。

 オスマントルコ帝国のエミン少将を司令官とする優美な大型木造巡洋艦エルトゥールル号が、コンスタンティノープルからの長い航海を経て、横浜港に到着したのはその年の6月だった。来航目的は、両国間の通商条約と軍事協定の正式締結であったが、日本側はやんわりと拒否する。当時、脱亜入欧論が国内を支配し、欧化主義全盛の時期だったためか、日本政府は、ロシアの南下政策で衰退の一途をたどるトルコ帝国を歯牙にもかけなかった、のだろう。

 9月15日、日本の艦隊の見送りを受けて艦は穏やかな横浜港から出帆する。翌16日払暁、突如、台風の襲来。串本町の樫野崎沖で、強風に翻弄された軍艦は、岩礁に激突してばらばらに砕け、乗組員全員が海に投げ出される。事件を察知した灯台守の呼びかけに、真夜中にもかかわらず、言葉も事情も分からないまま、近隣の村民たちが総出で必死の救助活動を行った。生存者は69人で、死者不明者は500人以上に達した。10月に、幸運な生存者と膨大な遺品は日本の軍艦、比叡と金剛に乗って離日し、翌年1月、コンスタンティノープルへ帰還を果たした。本書はトルコ人の著者がこの事件を丹念に描いた歴史小説である。

「ライフ」のランキング