産経ニュース

「論語教育」が活発化 新資格も登場…地域で学ぶ場を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「論語教育」が活発化 新資格も登場…地域で学ぶ場を

教育書やかるたなど「論語」を題材にしたグッズは数多い

 人としての生きる道を説いた中国の古典「論語」。古来日本人が学びの中心に位置付けてきた名著を、学校教育や生涯学習に取り入れる動きが活発化し、「論語指導士」という資格も登場する。平成30年度以降には、小中学校で正式な教科として道徳科が全面実施されるのを前に、徳育が注目されている。(玉崎栄次)

                   

 ◆義務教育の“心柱”

 道徳は、昨年3月に文部科学省による学習指導要領の改定で「特別な教科」に位置付けられた。小学校は30年度、中学校は31年度から正式な教科となる。

 人格を育てる道徳科は、全ての教科を貫く“心柱”。論語はカリキュラムの基本の一つとなるものだ。

 佐賀県鳥栖市は文科相が指定する教育課程特例校制度を活用し、市内の小中学校に新教科「日本語」を導入。独自に教科書も作成し、その学びの柱に「論語」を据えている。

 市教育委員会の長野(ちょうの)篤志指導主事は、論語を取り上げた理由について「学問や友情、家族観など普遍性に富んでいる。今後、道徳科と連携させることもでき、学校教育の根幹としてふさわしい」と説明する。

「ライフ」のランキング