産経ニュース

昨年の邦人援護、2万724人 過去10年で最多

ライフ ライフ

記事詳細

更新


昨年の邦人援護、2万724人 過去10年で最多

 外務省は14日、在外公館などが平成26年中に対応した事故、災害、犯罪などをまとめた「海外邦人援護統計」を公表した。総援護件数は前年比1.84%増の1万8123件で過去10年間で2番目に多く、総援護人数は同約5%増の2万724人で最多となった

 犯罪被害は前年よりも313件少ない5040件。そのうち最も多いのは窃盗被害の4104件、次いで詐欺被害、強盗被害となっている。

 事故・災害は194件で、そのうち約6割は交通機関事故で交通事故が109件と最も多かった。レジャー・スポーツ事故は43件で内訳は水難事故18件、登山事故9件、スポーツ事故8件となっている。

 死亡者数は522人で過去10年間で3番目に少なかった。傷病による死亡が405人で最も多く、全死亡者の約8割を占めた。

 一方、事件別でもっとも多かったのは「所在調査」で、前年比22.6%増の5222件で全体の28.8%を占め、増加傾向にある。所在調査は、遺産相続や不動産登記、未納地方税の徴収などのために日本国内の親族や官公庁、裁判所から所在調査の依頼を受けて在外公館が行うもの。多くの調査依頼は、戦前、戦後には北米や中南米に移民したとみられる邦人という。

「ライフ」のランキング