産経ニュース

急成長のファストフードチェーン、健康志向裏目に ツケは食中毒

ライフ ライフ

記事詳細

更新


急成長のファストフードチェーン、健康志向裏目に ツケは食中毒

食中毒騒動を受けて、営業を停止したボストン・カレッジの近くにあるチポトレの店舗=7日、米ボストン(AP)

 米国で健康志向に乗って急成長したメキシコ料理のファストフードチェーン「チポトレ・メキシカン・グリル」が病原性大腸菌による集団食中毒騒ぎで、設立以来の危機に直面している。10月以降、ワシントン州やオレゴン州、カリフォルニア州など9州の計47人が食中毒を引き起こし、今度は新たにボストン・カレッジのバスケットボール部員80人がチポトレのメニューで集団食中毒になったことが9日までに判明した。最大の売りである食材の「安全神話」は地に落ちた格好だ。

米9州で「原因」に

 8日付米紙ニューヨーク・ポストや米経済誌フォーチュン(いずれも電子版)などによると、チポトレで食事をしたボストン・カレッジのバスケ部員80人が、直後に下痢や嘔吐(おうと)、腹痛といった症状を訴えた。

「ライフ」のランキング