産経ニュース

「読んで欲しい一文をあえて書かない」 作家ら「文学の学校」で講義 ゲストの村上春樹さんも創作論披露

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「読んで欲しい一文をあえて書かない」 作家ら「文学の学校」で講義 ゲストの村上春樹さんも創作論披露

参加者が書き上げた短編を読み、アドバイスをする川上未映子さん

 《ディスカッションに先立ち、郡山市内の高校生と交流。その際の様子も話題に》

 1人の女の子から「本を読むのも映画を見るのも好きだけど、表現することができない」と質問を受けたんです。僕は別に表現できなくてもいいと言ったんです。表現できないなら(自分の)引き出しに入れていけばいい。それは後で役に立つんです。表現できないことを恐れてはいけない。

 《28日には川上未映子さんの講座に顔を出し、一人称で書くときの心得や卓抜な比喩の秘密を明かした》

 一人称のうまい書き方は「耳で書く」こと。音を意識して書くといい。音読しなくてもいいんだけど、文章を目で追いながら自分の中で音を響かせるようにするんです。

 比喩はサプライズを与えないと使う意味がない。平凡でもあまりにとっぴでもだめで、ちょっとズレているのがいい。それに瞬間芸です。言葉の引き出しをいっぱいにしておかないと出てこない。

このニュースの写真

  • 「読んで欲しい一文をあえて書かない」 作家ら「文学の学校」で講義 ゲストの村上春樹さんも創作論披露
  • 「読んで欲しい一文をあえて書かない」 作家ら「文学の学校」で講義 ゲストの村上春樹さんも創作論披露

「ライフ」のランキング