産経ニュース

「頭が悪くなる」はホントだった? テレビっ子は“認知症予備軍” 1日3時間以上の視聴で悪影響

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「頭が悪くなる」はホントだった? テレビっ子は“認知症予備軍” 1日3時間以上の視聴で悪影響

シカゴの家電量販店に並ぶテレビと購入者。日本でも米国でもテレビは生活に浸透しているが…=11月27日、米イリノイ州(ロイター)

 「テレビばかり見ていると頭が悪くなる」-。子供の頃、そう怒られた経験はないだろうか。それは単に「勉強しなくなるから」というだけでなく、医学的にもあながち間違っていないという衝撃的な研究結果が2日、米医学誌で発表され、物議を醸している。(SANKEI EXPRESS)

 若い頃、1日3時間以上テレビを視聴していた人は、そうでない人に比べて40、50代になると、記憶力が低下する確率が最大で約2倍も高かったというのだ。研究チームは“老いる”ことと関連づけて考えられてきた認知症を食い止める方策について、「若い頃から考えるべきだ」と指摘、視聴時間の削減といった生活習慣の健全化を促している。

 ■25年間、3000人を追跡調査

 調査結果はサンフランシスコにある退役軍人医療センターのティナ・ホアン氏と、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のクリスティン・ヤッフェ氏という2人の研究者がまとめたもので、米医師会(AMA)の精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー」に発表された。

「ライフ」のランキング