産経ニュース

【書評】写真評論家・飯沢耕太郎が読む『写真は魔術 アート・フォトグラフィーの未来形』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
写真評論家・飯沢耕太郎が読む『写真は魔術 アート・フォトグラフィーの未来形』

(光村推古書院・5500円+税)

現代写真の一断面を見事に

 シャーロット・コットンはイギリスとアメリカで活動する批評家、キュレーター。2010年に邦訳・刊行された『現代写真論』(晶文社)では、8つのカテゴリーで「現代美術としての写真」のあり方を鮮やかに切り分けてみせた。新しい著書『写真は魔術』では、「ポスト・インターネット」の時代の写真家たちの仕事に焦点を合わせ、日本を含む世界各国80人以上の作品から「アート・フォトグラフィーの未来形」を考察しようとしている。

 コットンが序論で述べるように、ここ10年間に現代写真を巡(めぐ)る状況は大きく変化した。いうまでもなく、それが「デジタル・キャプチャー」「フォトショップ」「ピグメント・プリント(出力)」といったハードウエア/ソフトウエアの急速な発達によるものであることは間違いない。

 コットンは、そのようなテクノロジーの再構築によって、新たな写真表現の形が生みだされつつあると論じる。その時、彼女が持ち出すのが「写真はマジックである」という定義づけだ。ここでいう「マジック」とは、大観衆を前に披露されるスペクタクルな「イリュージョン」ではなく、少数の観客の目の前で、素早い手技で演じられ、驚きと歓びをもたらす「クロースアップ・マジック」である。

「ライフ」のランキング