産経ニュース

【書評】拓殖大総長、渡辺利夫が読む『暦で読み解く古代天皇の謎』大平裕著 日本書紀の暦年計算法発見

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
拓殖大総長、渡辺利夫が読む『暦で読み解く古代天皇の謎』大平裕著 日本書紀の暦年計算法発見

『暦で読み解く古代天皇の謎』

 本書によれば、第21代雄略天皇(即位457年)以降は南朝の宋の元嘉暦(げんかれき)により紀年ははっきりしているが、それ以前の20代の天皇の在位年数については不明であり、そのために『日本書紀』の編纂(へんさん)者たちは天皇の在位年数を延長ないし想像せざるをえなくなったという。そこで筆者は神功皇后以降について本来の紀年の復元を試みたのだが、これに成功したことが特筆さるべきである。また『日本書紀』神武天皇紀にある神代から人代への移り変わりが179万年かかったという数字は儀鳳暦(ぎほうれき)でいう1340×1340であることを発見しており、この発見こそが本書出版の画期的意義なのであろう。(PHP文庫・780円+税)

「ライフ」のランキング