産経ニュース

月面着陸機計画を了承 宇宙政策委、年内に正式決定

ライフ ライフ

記事詳細

更新


月面着陸機計画を了承 宇宙政策委、年内に正式決定

月面着陸機スリムの想像図(池下章裕氏提供)

 政府の宇宙政策委員会は11日、日本初の月面着陸機「SLIM」(スリム)の打ち上げを盛り込んだ宇宙基本計画の工程表の改訂素案を公表した。国民の意見公募を経て年内に正式決定する見通しで、日本は旧ソ連、米国、中国に続く無人月面着陸に挑む。

 素案は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が計画するスリムについて「開発に着手し、平成31年度の打ち上げを目指す」と明記した。開発費は180億円。着陸場所や探査内容は決まっていない。

 各国の月探査機の着陸場所は目標から1キロ以上の誤差があったが、スリムはデジタルカメラの顔認識技術を応用し、誤差を100メートルに抑えるピンポイントの着陸を目指す。国産小型ロケット「イプシロン」で打ち上げる。

「ライフ」のランキング