産経ニュース

【鉄道ファン必見】まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅

世界中で愛されて70周年 みんなの人気者・トーマス

 車内の自販機でお茶を買い、親子3人パーシーチェアに座る。話題は前日に放映されたトーマスのアニメだ。「だれだれがでてきてね、それでね…」。息子は自分の知っている言葉を最大限に使って、私たちにうれしそうにいろいろなことを教えてくれる。

 その話をうんうんと聞きながら、後ろに座っていた男子学生たちの声も耳に入ってきた。どうやらこの普通列車がトーマスランド号と知らずに偶然乗車したらしい。「ああ、俺昔トーマス大好きだったんだよな~。思い出すなあ…」。

 うんうん、私も一緒。小さいころ、こんなふうに乗り物と会話ができたらおもしろいだろうなと思ってアニメを見ていた。母になり息子と並んで再び見るようになってから、役に立ちたいとがんばるキャラクターたちのその姿に、改めてファンになってしまった。

 そういえば「きかんしゃトーマス」は1945年の原作出版から今年で70周年。イギリスの牧師・ウィルバート・オードリーが息子のために作ったという蒸気機関車のお話が「きかんしゃトーマス」の始まりなのだという。私たちやこの男子学生のように、トーマスからすてきな思い出をもらった少年少女は、世界中にたくさんたくさんいることだろう。息子はきょうこうやって3人でトーマスランド号に乗ったこと、覚えていてくれるだろうか。トーマスとの幸せな思い出のひとつとして、大人になるまで覚えていてくれたらいいな。

わずか数分だったけど…トーマスの世界をたっぷり味わえた!

 息子の止まらないトーマストークを聞いていると、窓の外から「キャー!」という叫び声が聞こえてきた。目的地、富士急ハイランド駅に到着。トーマスランド号の旅はあっという間に終了だ。降りるよ、と促すも「やだ、まだおりないの!」と息子も名残惜しそう。こんな魅力的な列車、確かに1駅2分で終了ではちょっとかわいそうだったかも。

 短い時間ではあったが、「きかんしゃトーマス」の世界に親子ともすっかり引き込まれてしまった。

 よし、この続きは、トーマスランドで楽しむとしよう。

 ■トーマスランド号 河口湖駅~大月駅を各駅に停車。1日3往復。2両編成。基本的に毎日運行だが、点検・混雑予想等により運休の場合もあるため、富士急行HPで要確認。夏休み・冬休みや土日祝は多少込み合うため、平日の乗車がおすすめだ。

矢野紗代子(OL鉄子) 矢野紗代子(OL鉄子) 千葉県在住のOL。1児の母。7年前の九州出張の際にすてきな観光列車の数々を見てから、列車のファンになる。列車を眺め、列車に揺られ、列車の本を読み、列車の絵を描いているときがなによりのシアワセ。全国すべての列車を息子と制覇するのが夢!

このニュースの写真

  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅
  • まるでソドー島に来たよう… 親子で大ファン! 富士急行「トーマスランド号」の旅

「ライフ」のランキング