産経ニュース

【健康カフェ】(8)感染症の予防対策 他人への感染防ぐマスク

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(8)感染症の予防対策 他人への感染防ぐマスク

 これから冬にかけてインフルエンザや風邪が流行する季節です。今年は9月にインフルエンザで学級閉鎖をした学校があるなど、例年より早く流行が始まっています。予防のために、手洗いやうがい、外出時のマスクを実践している人も多いと思います。これらの予防策は、本当に風邪やインフルエンザを防いでくれるのでしょうか。

 マスクや手洗いに感染症の予防効果があるかどうかについては、世界中でいろいろな研究が行われています。今までの結果を総合すると、マスクと手洗いについては、予防効果は(1)マスクだけでは不十分(2)手洗いだけでも不十分(3)両方やると少しは効果がありそう-といった感じです。マスクさえすれば予防できると思っていた人には、ちょっと残念な結果かもしれません。

 一方、すでに感染している人がマスクをすることで、他の人への感染を防ぐ効果があることは医学的に明らかになっています。インフルエンザに感染している人のくしゃみには約200万個のウイルスが含まれ、1回のくしゃみでウイルスを含んだ飛沫(ひまつ)物が約3メートル先まで飛ぶといわれます。インフルエンザウイルスは0・08~0・12ミクロン(1ミクロンは1ミリの1千分の1)の大きさですが、不織布や医療用のマスクの場合、ウイルスを周りに拡散するのを防ぐ効果が認められています。ただ、紙やガーゼのマスクの効果は認められていません。

「ライフ」のランキング