産経ニュース

【トレンド日本】食通ブロガーが薦める忘年会はコレだ! セルフ日本酒バー、カキ小屋、ウニホウレン…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【トレンド日本】
食通ブロガーが薦める忘年会はコレだ! セルフ日本酒バー、カキ小屋、ウニホウレン…

パクチーは忘年会でも注目の食材。ミントをパクチーに代えたカクテル「パクチーモヒート」などメニューは幅広い

 忘年会シーズンが近づいてきた。飲食店では、すでに会社単位など大型の忘年会の予約が入り始めているという。一方、ここ数年、増加傾向にあるのが友人や知人、家族などが集まる少人数の忘年会。こうしたプライベート忘年会を盛り上げるためのアイデアを“食通ブロガー”に聞いた。(榊聡美)

参加型に人気

 話を聞いたのは、ぐるなび(東京都千代田区)が運営する、グルメ情報サイト「メシコレ」で活躍中の食通ブロガー。さまざまなジャンルを専門に食べ歩き、目利きとなってお勧めの店などを紹介している。

 まずは、幹事必見の今年らしい店選びから。カレーに精通するカレー細胞(H.Matsu)さんは、インドやネパールなどの本格的なスパイス料理を取り入れた「スパイス居酒屋」を勧める。

 「今年、爆発的に店が増えた。インド料理はカレーのイメージが強いけれど、インドにはベジタリアンが多いので野菜料理も豊富。特に女性ウケがいいですね」

 スパイスの使い方は辛さより香りが肝。酒は芋焼酎やラム酒などを選び、香りの調和を楽しむのがコツとか。

 東日本大震災の復興の願いを込めて、全国に広がる東北・三陸の名物「カキ小屋」「浜焼きの店」を勧めるのは、大衆酒場に詳しい塩見なゆさん。

 「火を囲み、わいわい言いながら海鮮を焼けばみんなの距離が縮まります」

 こうした“参加型”の忘年会は注目を集めそうだ。酒が専門の村岸ゆうきさんは、好みの料理を持ち寄って日本酒を存分に楽しむ「飲み放題日本酒バー」がイチ押しという。

 常時100種類以上の日本酒がそろい、客は好みの銘柄をセルフで注いで飲むのが一般的。料金は3000円ほどで、つまみが持ち込めるのも魅力だ。

このニュースの写真

  • 食通ブロガーが薦める忘年会はコレだ! セルフ日本酒バー、カキ小屋、ウニホウレン…
  • 食通ブロガーが薦める忘年会はコレだ! セルフ日本酒バー、カキ小屋、ウニホウレン…

「ライフ」のランキング