産経ニュース

控え目になってきた「死亡告知」 葬儀後のフォローを大切に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


控え目になってきた「死亡告知」 葬儀後のフォローを大切に

家族葬には、故人と最後の時間をゆっくりとれるメリットはあるのだが… (画像の一部を加工しています)

 家族葬が増えるなど葬儀が小規模化するなかで、故人の死の告知方法が大きく変化している。告知そのものをしなかったり、葬儀が終わった後で告知したりするケースが激増しているのだ。ただ、消極的な告知は周囲との思わぬトラブルも起こしかねない。後々の丁寧なフォローが必要だ。

 ◆訃報欄の掲載が激減

 告知の仕方の変化が如実に表れているのが、新聞の社会面や経済面に記載される著名人の訃報記事(お悔やみ欄)だ。

 産経新聞(東京本社発行最終版)の平成7年8月と、27年8月に掲載された訃報記事を調べてみた。決定的に違うのは、掲載された記事(外国人を除く)の本数だ。7年には1カ月間で136人の死亡記事があったが、27年になると41人にまで激減した。

 この間、産経新聞では東京発行の夕刊がなくなっているが、訃報記事の掲載基準が変わったということはない。遺族や関係者からの死亡情報の発信自体が少なくなっているといえそうだ。

「ライフ」のランキング