産経ニュース

【「近代日本」を診る 思想家の言葉】三木清 悲哀の時代に「古典」を精読

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【「近代日本」を診る 思想家の言葉】
三木清 悲哀の時代に「古典」を精読

哲学者・三木清

東日本国際大教授・先崎彰容

 秋の夜長は読書の季節である。今日は一冊の哲学書を片手に、大正時代へとタイムスリップしてみることにしよう。

 大正時代はとても不思議な時代である。大正デモクラシーの明るい雰囲気の傍らで、じわりと暗い影が差す。たとえば大正10年、大財閥の創設者・安田善次郎が一青年に暗殺された。現在でも有名な東大の「安田講堂」は、善次郎が寄贈したものである。この暗殺事件からおよそ1カ月後、今度は首相・原敬が凶刃に倒れた。以後、時代はあきらかにキナ臭くなっていく。

 政治の世界で戦争へむかう最初の歯車が動きはじめたとき、時代の緊張を「哲学」しようとした思想家がいた。本日の主人公・三木清のことである。三木清は、後に「京都学派」と呼ばれる哲学者・西田幾多郎門下のなかでも、とびきりの秀才として有名だった。東京帝大ではなく京都帝大を選んだのは、一高時代に『善の研究』を読み、西田に教えを請うためだった。

 三木が参考にしたのは、第一次世界大戦後のヨーロッパ哲学だった。第一次大戦は、誰も勝者のいない戦争、ヨーロッパ全土がただ疲弊し、焼き尽くされる悲劇だった。世界の終わりが目の前に見える場所であり時代だった。

「ライフ」のランキング