産経ニュース

【書評】文芸評論家、細谷正充が読む『御用船帰還せず』相場英雄著 ファンも納得の時代小説

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
文芸評論家、細谷正充が読む『御用船帰還せず』相場英雄著 ファンも納得の時代小説

『御用船帰還せず』相場英雄著

 経済小説でデビューし、今では警察小説の書き手として人気を集めている相場英雄が、ついに時代小説に挑んだ。本書は、勘定吟味役の荻原重秀にひそかに仕える〈微行組〉の活躍を描いた、一気読み必至のエンターテインメントだ。

 徳川5代将軍綱吉の引き立てにより、若くして勘所組頭になった荻原重秀には、手足となって働いてくれる4人の男女がいた。〈微行組〉と名付けられた彼らは、柔の達人の勝部真次郎をリーダーに、それぞれの特技を発揮して、重秀を影から支える。また〈微行組〉の資金源は、豪商の河村瑞賢である。

 代官や勘定所の不正を〈微行組〉の力で暴き、順調に出世していく重秀。勘定吟味役兼佐渡奉行となった彼は、徳川幕府の御法度である貨幣改鋳を敢行。それをスムーズに行うため、とんでもない計画を〈微行組〉に命じた。因縁が重なり、重秀の非を見つけようとする北町奉行所与力の柳田佑磨と、その腹心の隠密廻・高木五郎衛門の追及を躱(かわ)しながら〈微行組〉は困難な任務に邁進(まいしん)していく。

 初めての時代小説ということで、作者のファンの中には戸惑う人がいるかもしれないが、気にすることなく本書を手に取ってほしい。なぜなら相場作品の要素が、幾つも投入されているからだ。経済が重要な題材になっている点は、初期の経済小説と同じである。勝部真次郎たちが佐渡へ向かう展開は、「みちのく麺食い記者」シリーズの旅情を彷彿(ほうふつ)させる。そして横領や賄賂を暴く〈微行組〉の調査は、経済犯罪や企業犯罪を扱う警視庁捜査二課の刑事を主役にした警察小説「ナンバー」シリーズと、通じ合うのだ。新たなジャンルに挑戦するにあたって、作者は手持ちの札を使い切り、読み応えのある作品に仕立てたのである。

「ライフ」のランキング