産経ニュース

【編集者のおすすめ】存在自体がバカバカしい『政府も学者もぶった斬り! 倉山満の憲法九条』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
存在自体がバカバカしい『政府も学者もぶった斬り! 倉山満の憲法九条』

 憲法九条にノーベル賞を!? 寝言でいうならともかく、本紙読者には信じられないような誤解が、いまだに広くはびこっています。

 「憲法九条は存在自体がギャグ」。そう言い切る憲政史学者・倉山満氏によって書かれた本書は、これ一冊で憲法九条自体の問題点だけでなく、憲法論議がなぜ退屈なのか、そして安保国会の与野党論戦がなぜ不毛だったのかが面白おかしく理解できます。

 出生がいかがわしく、条文が愚かで、しかもその条文が剽窃(ひょうせつ)であり、解釈がデタラメで、運用がむちゃくちゃで日本の恥部である…冒頭で著者は九条をこう解説します。

 平和安全法制はその名の通り「安全保障」のための法律ですから、本来議論の中心は軍事であり、国際法であり、地政学であるべきです。

 にもかかわらず、メディアだけでなく国会の場においても「日本国憲法の解釈しかできない」憲法学者ばかりが登場し、「憲法違反」の大合唱となってしまいました。

 本書は、憲法学の「大御所」をはじめ、著名な学者の著書や発言を取り上げて、矛盾や欺瞞(ぎまん)、デタラメさを指摘します。返す刀で安倍内閣、内閣法制局、自民党改憲案についても容赦なく斬り込みます。野党の攻撃だけでなく、政府答弁がなぜグダグダだったったのかも、本書を読めば腑に落ちることでしょう。

 「平和憲法」というお題目だけでは国家は守れない-この事実を一人でも多くの日本人に共有してもらいたいものです。(倉山満著/ハート出版・1500円+税)

「ライフ」のランキング