産経ニュース

【ゆうゆうLife】食べる喜び取り戻す 摂食嚥下のマップ開発

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
食べる喜び取り戻す 摂食嚥下のマップ開発

嚥下内視鏡を使って、のみ込みの具合を確認する齋藤貴之副院長(右)

 のみ込みの機能が低下した人や、胃に直接栄養補給をする「胃瘻(いろう)」の人などに、のみ込みの訓練をする「摂食嚥下(えんげ)」のリハビリテーションが行き渡っていない。専門職が少なく、多分野に散らばるため、探しあてるのが困難なことが理由の一つだったが、摂食嚥下に携わる医療機関などを地図上に示したマップが開発された。リハビリをして、食べる楽しみを取り戻すことが期待される。(佐藤好美)

                   ◇

 東京医科歯科大学の戸原玄(はるか)准教授は15年間にわたる訪問歯科診療の経験から、口から食べられる多くの人が、リハビリテーションから取り残されていると感じている。

 初めて訪問診療に出向いた先で驚く光景に出合うこともある。「ミキサー食の患者さんが、実はこっそり煎餅を食べていたり、半身まひで胃瘻の患者さんが『俺も、みんなと同じように食べたいんだよ』とペラペラ話したり。こうした人が、口の動きがそれほど悪いはずがない。リハビリをすれば食べられるのに、正しい治療に結びつかず、食べられずにいる人がたくさんいると思う」

このニュースの写真

  • 食べる喜び取り戻す 摂食嚥下のマップ開発

「ライフ」のランキング