産経ニュース

【TPP大筋合意】林農水相、米価下落防止へ国産米買い上げを表明

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【TPP大筋合意】
林農水相、米価下落防止へ国産米買い上げを表明

 林芳正農水相は6日の閣議後会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の大筋合意により米国とオーストラリアからコメを無関税で輸入する特別枠を設けることに伴い、国内の流通量が増加して米価下落につながらないよう、輸入分に相当する国産米を政府が備蓄米として買い上げる方針を明らかにした。

 林氏は「コメはわが国にとって国民の主食であり、最も重要な基幹的農作物」だと指摘。「輸入量の増加が国産主食用米の生産価格に与える影響を遮断し、確実に再生産(農業の継続)が可能となるようにしていきたい」と説明した。

 一方、TPP交渉ではコメや麦など農産品の重要5項目について関税撤廃の例外など「有効な措置を獲得することができた」と強調し、国内農業の継続が可能な範囲内だとの認識を示した。また、自由貿易圏の拡大で農産品の輸出を伸ばしたいとの考えも示した。

「ライフ」のランキング