産経ニュース

【ノーベル賞受賞】大村氏、興奮で眠れず…「実感湧いてきた」 亡き妻に仏壇で報告 あごの絆創膏の秘密は…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ノーベル賞受賞】
大村氏、興奮で眠れず…「実感湧いてきた」 亡き妻に仏壇で報告 あごの絆創膏の秘密は…

自宅前で記者団の質問に応じる大村智・北里大特別栄誉教授=6日午前、東京都世田谷区(三尾郁恵撮影) 自宅前で記者団の質問に応じる大村智・北里大特別栄誉教授=6日午前、東京都世田谷区(三尾郁恵撮影)

 ノーベル医学・生理学賞に決まった北里大特別栄誉教授の大村智氏(80)が、受賞決定から一夜明けた6日、東京都世田谷区の自宅前で取材に応じ、「本当にもらえたんだなあと実感が湧いてきました」と、改めて喜びを語った。

 この日は、医学分野で顕著な功績を残した研究者に贈られるガードナー賞を昨年受賞した際、同僚からお祝いでもらったというネクタイを締めて現れた大村氏。昨晩は興奮してなかなか寝られず、睡眠薬を飲んでも、何度も目が覚めてしまったという。知人らのお祝いの電話は夜中まで続いたが、「本当にうれしいことです」と笑顔で話した。

 平成12年に亡くなった妻、文子さんには今朝、仏壇で「文子、ノーベル賞もらったよ」と報告したという。「彼女がいてくれたら、喜んでくれたかなあ」と、しみじみ語り、「授賞式には写真を持っていきたいね」と、最愛の妻を懐かしんでいた。

 学生たちに伝えたいことを問われると、「失敗を恐れないでほしい。誰よりも失敗した人が成功する。人がやらないことをやるから失敗するんだから」。今後については、「人徳を持って生活や仕事をできる人材を育成したい」と話した。

 数日前、散歩している最中に階段で転んで落ちたといい、あごに絆創膏を貼って取材に応じた大村氏。「(絆創膏は)あっちこっちにいっぱい貼ってある。世の中悪いこともある。いいことばかりじゃないね」と、照れくさそうに笑っていた。

このニュースの写真

  • 大村氏、興奮で眠れず…「実感湧いてきた」 亡き妻に仏壇で報告 あごの絆創膏の秘密は…

「ライフ」のランキング