産経ニュース

【ノーベル賞受賞】大村智氏、風土病薬「イベルメクチン」を実用化 アフリカで失明の危機を克服、効果劇的

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ノーベル賞受賞】
大村智氏、風土病薬「イベルメクチン」を実用化 アフリカで失明の危機を克服、効果劇的

 ノーベル医学・生理学賞に輝いた北里大特別栄誉教授の大村智氏(80)は、微生物が作り出す有用な化合物を次々に発見し、医療や研究に大きく貢献した。中でも寄生虫による風土病の治療薬として実用化した「イベルメクチン」はアフリカなどで無償供与され、世界で年間3億人を失明の恐怖から救っている。(黒田悠希)

 米国留学から帰国した大村氏は昭和48年、北里研究所の室長として微生物の探索を始めた。各地の土壌を集め、薬に使えそうな物質を作り出す微生物がいないか調べる地道な研究だった。

 静岡県伊東市内のゴルフ場近くの土壌中から、新種の放線菌「ストレプトマイセス・アベルメクチニウス」を発見。共同研究していた米製薬大手メルクに試料を送り、マウスで実験したところ、寄生虫に対して有効なことが50年に分かった。

「ライフ」のランキング