産経ニュース

【正論】見過ごせぬ大学改革の副作用…「手術は成功したが患者は死んだ」となりはせぬか? 竹内洋(関大東京センター長)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【正論】
見過ごせぬ大学改革の副作用…「手術は成功したが患者は死んだ」となりはせぬか? 竹内洋(関大東京センター長)

 私はいまから半世紀ほど前の1961年に大学に入学したが、当時の大学は「教授天国」というべきものだった。雨の降る日は必ず休講にする教授さえいた。

 休講が多かっただけではない。教授は授業に15分ほど遅れてあらわれ、15分ほど前には姿を消した。しかし、誰もとがめだてする者はいなかった。何を言っているのか、何を言いたいのかよくわからない授業もあったが、自分の頭が悪いんだろうと思ってしまう時代だった。だから教授と〇〇は3日やったらやめられないとまでいわれていた。いまからみれば、大学教授が「特権」にあぐらをかくことができた時代である。

 ≪高等遊民どころではない≫

 しかし、20世紀末からの大学改革によって、教授本位大学の時代に終止符が打たれる。教育重視の大学改革がはじまった。シラバス(授業計画)を詳細に記し、授業は半期(2単位)で15回(通年なら30回)厳守となった。休講した場合は補講が義務づけられている。教授本位大学から学生本位大学の改革だったが、大衆大学時代にはむしろ当然の改革だった。

 文部科学省発信の大学改革は、そこにとどまることなく、大学や学部ごとの組織改革や目標実施計画などを次々と要請してきた。そのたびに大学には委員会が作られ、やたら会議がふえた。また地域連携などのイベントやその関係の仕事もふえた。大学教員の仕事において教育・研究以外の校務といわれる部分の比重が増している。かつての大学は研究本位をタテマエにしながらも、成果はそれほど重視されなかったが、研究成果も重視されるようになった。

「ライフ」のランキング