産経ニュース

公務員の年金天国に終止符? 1日から共済年金を厚生年金に統合

ライフ ライフ

記事詳細

更新


公務員の年金天国に終止符? 1日から共済年金を厚生年金に統合

 国や地方の公務員らが加入する共済年金が10月1日に廃止され、サラリーマンの厚生年金に一元化される。厚生年金よりも保険料率が低く、給付が手厚いと指摘されてきた共済年金をなくすことで、「官民格差」を是正するとともに、一元化による財政規模の拡大で制度の安定を図る。

 一元化は平成24年に成立した被用者年金一元化法の施行に伴う措置で、現役の公務員は施行後、自動的に厚生年金に移る。65歳以上の公務員OBは、引き続き共済年金を受け取る。

 一元化に伴う最大の変更点は保険料率の統一。現行の保険料率は公務員共済が給与の17・278%で、厚生年金の17・828%を下回っている。今後は公務員共済を段階的に引き上げて30年に18・3%に統一。私立学校教職員の私学共済(14・354%)は39年に同じ水準に引き上げる。

「ライフ」のランキング