産経ニュース

下半身まひの脊髄損傷、院外訓練で歩行機能回復図る

ライフ ライフ

記事詳細

更新


下半身まひの脊髄損傷、院外訓練で歩行機能回復図る

自力での富士登山に成功した杉原紘人さん(右)。下半身の筋力を回復させ、なめらかに動かすため、鏡で下肢の動きを確認しながら、脳の指令と下肢の動きを一致させる訓練を繰り返し行った=東京都江東区の脊髄損傷者専門トレーニングジム「ジェイ・ワークアウト」

 事故や病気で脊髄を損傷し、寝たきりや車椅子での生活を余儀なくされた人が、再び歩くことを目指し訓練する専門ジムがある。車椅子での生活を前提にした訓練が中心となる病院のリハビリではなく、独自の厳しい訓練により、運動機能回復を目指す人が増えている。(村島有紀)

週3回の筋トレ

 国内2カ所で脊髄損傷者専門トレーニングジムを運営するのは「J-Workout(ジェイ・ワークアウト)」。米国発祥のトレーニングを参考に平成19年、神奈川県厚木市にオープン。当初は数人しか利用者がいなかったが、口コミなどにより全国から利用者が増加。フロア面積拡大などのために今年1月、東京都江東区木場に移転した。8月1日には大阪市北区神山町に2号店をオープンさせた。年会費24万円(税別)、2時間2万5千円(同)と高額だが、3歳から80代まで計約330人が通っている。

 トレーニングでは脊髄損傷者1人に対し平均1・5人のトレーナーが常時付きそう。寝返り、はいはいといったヒトの成長過程に生じる動きを繰り返す▽鏡を見ながら足を動かし、脳の指令と体の動きを一致させる▽手足と体幹を鍛える筋トレ-など個々人に合わせた訓練を行う。

「ライフ」のランキング