産経ニュース

【ソロモンの頭巾】うどん発電 本場・讃岐のエコな取り組み 長辻象平

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ソロモンの頭巾】
うどん発電 本場・讃岐のエコな取り組み 長辻象平

さぬき麺業の香川政明さん(長辻象平撮影)

 「うどん発電」が、行われていると耳にした。

 拠点は香川県高松市。讃岐うどんの産地で進む食品資源の有効利用を兼ねた環境保全活動だ。その現地を訪ねた。

 うどんのおいしさのひとつはコシにある。しかし、時間がたつとそれが失われるので廃棄される。製造途中で商品にならないものも生じてしまう。

 こうして捨てられるうどんは香川県全体で年間1万トンに迫る規模の量になるという。

 これを何とか生かしたい。以前は捨てられていたうどんからエタノールとメタンガスを得て、燃料や電気や肥料までを作る取り組みが、地域の循環型社会形成の一環として軌道に乗ろうとしているのだ。

                  

 この活動は、平成24年1月に結成された「うどんまるごと循環コンソーシアム」が推進している。チームの顔ぶれは多岐にわたる。建設機械メーカーのちよだ製作所と、さぬき麺業は株式会社。グリーンコンシューマー高松はNPOで、香川県と高松市も加わり、農家の人や教員などもメンバーだ。会長の角田富雄さんは高松市の元職員。

このニュースの写真

  • うどん発電 本場・讃岐のエコな取り組み 長辻象平

「ライフ」のランキング