産経ニュース

写真家、中平卓馬さん死去 77歳

ライフ ライフ

記事詳細

更新


写真家、中平卓馬さん死去 77歳

 昭和40年代から日本の写真表現の最前線で活躍した写真家、中平卓馬(なかひら・たくま)さんが1日、肺炎のため死去した。77歳。葬儀・告別式は近親者で行う。後日、お別れ会を開く。

 東京外大を卒業後、編集者時代に東松照明氏に誘われて写真を始めた。43年には写真家の高梨豊さん、評論家の多木浩二さんらと写真同人誌「プロヴォーク」を創刊。写真家の森山大道さんも参加した同誌は3号で廃刊するが、「粒子の荒れ、ブレ」を取り入れた表現手法で写真の新潮流を生み出した。

 52年に倒れて記憶と言葉の一部を失うが、カメラを手放さず、近年まで制作を続けていた。平成15年に横浜美術館で大規模な回顧展が開かれた。主な写真集に「来たるべき言葉のために」「新たなる凝視」、評論集「なぜ、植物図鑑か」など。篠山紀信さんとの共著「決闘写真論」も話題を集めた。

「ライフ」のランキング