産経ニュース

【健康カフェ】(1)良い眠りのために 効率と質の良さを重視して

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(1)良い眠りのために 効率と質の良さを重視して

下島和弥医師

 気象庁では9月から11月を「秋」としています。今日9月1日は秋の1日目になりますが、夏の疲れが残っている方も多いのではないでしょうか。暑かったと思えば、急に涼しくなる気温の変化も疲れを助長しますね。

 夏の疲れは一般的に「夏バテ」と呼ばれますが、夏バテを辞書で引くと「夏の暑さに負け体が弱ること」と書いてあります。医学的には正確な定義はありませんが、症状としてはだるさや食欲低下、やる気のなさなどでしょうか。海外の医学文献に夏バテらしき症状を取り扱ったものはほとんど見当たりません。四季の変化に富み、夏が長く湿度も高い日本ならではのものといえるかもしれません。

 夏バテの何が問題かというと、なんとなく体の不調が続く不快感や、仕事の能率低下、事故などにつながる集中力の低下、といったところでしょうか。よく眠れている人はあまりだるさを感じることはなく、あまり眠れていない人はだるさを強く感じることが多くなるようです。

 より良く眠るためには、(1)快適な温度と湿度(2)十分な暗さ(3)十分な静かさ-といった環境を整えることです。睡眠のための時間をしっかり確保することも大切ですが、眠れないのに眠ろうとあがきながら長い時間ベッドにいるのは逆効果。眠くなるまではベッドに入らず、眠気が来たらさっさと寝ましょう。

「ライフ」のランキング